インビザライン

過蓋咬合のためのクリンチェック処方研究(2020)

今回ご紹介するのはSeminar in Orthodonticsに2020年に投稿された論文です。

Seminar in Orthodonticsのインパクトファクターは現時点では低いポイントですが、上昇傾向の雑誌です。

今回の特徴は矯正医にとってより実践的な情報をお届けします。

過蓋咬合のクリンチェック処方の論文タイトル

【タイトル】Mechanical considerations for deep-bite correction with aligners

【著者】Neal D. Kravitz, Mazyar Moshiri, Jonathan Nicozisis, and Shawn Miller

【雑誌名】Seminars in Orthodontics, Vol 26, No 3, 2020: pp 134138

【連絡先】 E-mail: nealkravitz@gmail.com

https://doi.org/10.1053/j.sodo.2020.06.010

過蓋咬合のクリンチェックの論文の要約

マウスピース型矯正装置による過蓋咬合の治療は、矯正医にとって大変チャレンジングなものである。

本研究はバーチャル・ケースを用いてより実践的なパラダイムを提供する。

過蓋咬合のクリンチェックの論文を詳しく読む!

引用文献

  1. Kravitz ND, Kusnoto B, BeGole E, Obrez A, Agran B. How
    well does invisalign work? A prospective clinical study
    evaluating the efficacy of tooth movement with Invisalign.
    Am J Orthod Dentofacial Orthop. 2009;135:27–35.
  2. Krieger E, Seiferth J, Marinello I, et al. Invisalign treatmentin the anterior region: were the predicted toothmovements achieved? J Orofac Orthop. 2012;73:365–376.
  3. Khosravi R, Cohanim B, Hujoel P, et al. Management ofoverbite with the Invisalign appliance. Am J Orthod DentofacialOrthop. 2017;151:691–699.
  4. Gr€unheid T, Loh C, Larson BE. How accurate is Invisalignin nonextraction cases? Are predicted tooth positionsachieved? Angle Orthod. 2017;87:809–815.
  5. Charalampakis O, Iliadi A, Ueno H, Oliver DR, Kim KB.Accuracy of clear aligners: a retrospective study ofpatients who needed refinement. Am J Orthod DentofacialOrthop. 2018;154:47–54.
  6. Kravitz N, Jorgensen G, Frey S, Cope J. Resin bite turbos. JClin Orthod. 2018;2:456–461.
  7. Hamdan AM, Lewis SM, Kelleher KE, Elhady SN, LindauerSJ. Does overbite reduction affect smile esthetics?Angle Orthod. 2019;89:847–854.
  8. Glaser BJ. Insider’s Guide to Invisalign treatment: a Step-by-Step Guide to Assist You With Your ClinCheck treatment Plans.1st ed. Sacramento: Publishing; 2017.
  9. Glaser Dr. BJ. Glaser’s 10 commandments of attachmentdesign: ten simple rules to keep your patient’sinvisalign treatment on track. Orthodontic Products.2016:30–35.
  10. Nicozisis J. Attachment beauty queen: the “sash” for rotationcorrection of upper lateral incisors. J Clin Orthod.2016;50:189–190.

記事監修

免責事項

本サイトは、PubMedに投稿されたオープンアクセスの査読論文をご紹介しております。

今回は、過蓋咬合のクリンチェック処方等の情報についてご紹介致しました。内容についての疑問等は本サイトは一切受付ておりません。著者ご本人に記載の連絡先にお問い合わせをお願い致します。また、学会発表や研修会においては本サイトの孫引きではなく必ず原著論文をご確認くださいますようお願い致します。

日本においてマウスピース型矯正はご存知の通り、完成薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済措置制度の対象外となる場合がありますのでご注意ください。