お知らせ

矯正歯科海外論文紹介サイトについて

ご挨拶

株式会社オルソサポートが主体となって海外の矯正歯科情報を発信するメディアサイトです。日本矯正歯科学会・臨床指導医(旧専門医)監修のもと、世界で最も利用されている生命科学に関する書誌情報データベース「PubMed」から、最新の矯正歯科海外論文をご紹介します。

普段の診療が忙しくなかなか英語論文を読む時間がないとお困りの矯正歯科医の先生を対象にサイトを立ち上げました。サイトを立ち上げた理由は「Bibgrsph」というサービスがきっかけでした。「Bibgraph」は医師のための海外論文を横断検索のフォロー、アブストラクトの日本語表示サービスを提供しております。しかし医師限定であり、残念ながら歯科医師は対象外です。そこで、お忙しい歯科医師の皆様に最新海外論文をすき間時間で読めるようなサイトを作ることを決意致しました。

まずは、マウスピース型矯正(インビザライン)を中心とした研究を中心に最新論文のご紹介をしていきます。ご存知の通り、マウスピース型矯正装置は日本の完成薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済措置制度の対象外となる場合があります。日本矯正歯科学会はカスタムメイドの透明なマウスピース型矯正装置に関する臨床研究は少なく、その安全性と有効性が科学的に高いレベルで明らかにされるには至ってないとして、「アライナー型矯正装置による治療方針」を公開しております。マウスピース型矯正の使用の是非や不測の事態への対処、治療結果はすべて歯科医師の責任となります。そのため、高度な診断能力、治療技術、経験が不可欠です。矯正歯科医の皆様におかれましては、日々研鑽を続けていらっしゃると思いますが、本サイトの海外論文情報もあわせてご覧いただきたいと思います。

PubMedとは

PubMedとは、世界で最も利用されている生命科学に関する書誌情報データベースです。米国国立医学図書館(NLM: National Library of Medicine)が無料で提供しています。世界の主要医学系雑誌等に掲載された文献を検索することが出来ます。掲載分野は医学、薬学、歯学、獣医学。生命科学とその周辺分野です。文献の種類は、臨床研究、メタ分析、レビュー論文、ガイドライン等があります。

紹介基準

前述のPubMedに投稿されている矯正歯科論文を紹介します。特にマウスピース型矯正(インビザライン)を中心に最新の論文をお届けします。

免責事項

当サイトはPubMedに投稿されたオープンアクセス論文を日本語に翻訳し記事を作成しております。論文に記載されております方法、結果、考察等につきましては、直接、著者にご確認いただきますようお願い致します。また、研究会、学会発表の際は、当サイトからの孫引きではなく必ず原著論文をご確認ください。それぞれの記事には論文著者、タイトル、雑誌名、DOI、引用文献を記載しております。何卒よろしくお願い致します。